ITサポート・ブログ

...ITサポート現場からの声をお届けいたします【http://fb21.net】
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ソフトウェアの寿命(1) | main | PC立ち上げ時のイライラ >>

ソフトウェアの寿命(2)

0
    コンピュータは、パソコンだけでなく、電子ジャーやエアコン、洗濯機などの家電製品や電車の改札機、道路の信号機、などの社会基盤のあらゆるところで使われています。
    どのうように使われているかといえば、それぞれの機械(機器)を、思い通りに動かすためにその制御をする目的で内蔵されています。
    たとえば、エアコンを例にみると、コンピュータの内蔵されていないエアコンは、温度の設定や風量などは、スイッチやダイヤル式で変えることになります。それも、強・中・弱などの何段階での言わば荒っぽい変更となりますし、変えるのも人の手で行います。うっかりすると冷えすぎたり、ということにもなります。
    そこでコンピュータを内蔵すると、例えば、温度設定と風量設定などをあらかじめしておけば、後は自動的に一定の状況を作り出すように、コンピュータが温度や風量をコントロールします。
    ここで、コンピュータは、温度センサーなどを常に監視(コンピュータは居眠りやサボったりしません)していて、状況が変わればエアコンをコントロールします。このさまざまな条件によってどのようにコントロールするかが、あらかじめ決められています。このルールがプログラムでありソフトウェアと言われているものです。
    なーんだそんなことか。。。
    そうなんです、そんなことなのです。
    コンピュータ関連用語 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.fb21.net/trackback/691659
    この記事に対するトラックバック